国土交通省では、防災・減災の取り組みの一環として、梅雨や台風の時期を迎えるにあたり、国民一人ひとりが水防の意義及び重要性について理解を深められるよう、毎年5月(北海道は6月)を「水防月間」と定めています。

淀川左岸水防事務組合でも「水防月間」にちなみ、地域を守り、水災害から未然に防ぐため、水防団による水防工法の技術習得、実践のための訓練を予定しています。

令和4年度水防月間ポスター

水防活動について